FC2ブログ

Ensiferum [Victory Songs]

0040_convert_20120713235241.png
Ensiferum
Victory Songs (2007)
ジャンル:ヴァイキングメタル
<曲目>
01.Ad Victoriam
02.Blood Is the Price of Glory
03.Deathbringer from the Sky
04.Ahti
05.One More Magic Potion
06.Wanderer
07.Raised by the Sword
08.The New Dawn
09.Victory Song
10.Lady in Black (Bonus Track)
----------------------------------------------------------------------------------------
フィンランドのヴァイキングバトルメタルバンドの3rd。

今回も老騎士のジャケがたまらなく素敵です。
しかし何と前作製作後に曲作りでもメインの存在だった、ヤリ・マーエンパー(Vo,G)がまさかの脱退。
後任にメロデスバンドNortherのペトリ・リンドロス(現在はNortherを脱退)を迎えて心機一転のサードアルバムとなりました。
あ、地味にDr,Bのリズム隊も変わってます。

メインソングライターが脱退した、ということで楽曲の質や方向性の変化などが危惧されたみたいですが、
何のことは無い、今まで通りのクッサクサのバトル系ヴァイキングです。
まあ新ヴォーカルであるペトリの影響かは分かりませんが、田舎臭さが薄れ、メロデス的な雰囲気が若干増しましたかね。

何気に#9のメロディーが顔を出す恒例のイントロ曲#1から、#2,#3,#4,#5と怒涛の疾走曲4連発で完璧にノックアウトされます。
サビ後のノリノリのGリフがモロツボな#2,もはやメロスピ並みの爽快感と勇壮さが入り混じる#3,アップテンポなんかも
織り交ぜつつクッサいアコーディオン系の音をバックに突き進む#4,なんだか怪しげな始まりから笛と共に疾走し、
サビではクサ過ぎるクリーンの合唱コーラスが炸裂する#5(ハァイッ!とか言う掛け声も最高),と
キラー連発でとばしまくります。

スローテンポの#6なんかも哀愁と勇壮さが同居する素晴らしいナンバーじゃないですか。
そしてなんといってもラストの大作#9。この曲は前作のLai Lai Heiと並ぶ超名曲です。(断言)
ちなみにボートラ#10の最後に#6と#9のサビの部分のアカペラヴァージョンがチョロっと入ってます。
僕はもちろんこれだけで鳥肌立ちましたけど何か?

新加入のペトリの声は個人的には結構好みなんで問題ないですね。ま、ヤリの方が好きですが。
まあライブ映像なんかを観る限りではクリーンは一切歌ってない訳なんですけど。
でも何気にマーカス・トイヴォネン(G)とサミ・ヒンカ(B)のクリーンも結構いいね。

そんな訳で若干の変化はありますが、新生Ensiferumの1枚目はもちろん神盤です。
買った当初はアホみたいに聴きまくりました。
ちなみに僕が買ったのはEP DragonheadsがセットになったUK盤。
アルバム未収録曲なんかが多々入ってるんで、買うならこっちがおススメです。

個人的ツボ度・・・・・95%
個人的ベスト曲・・・・#9 Victory Song
目を閉じれば遥かなるフィンランドの大地が浮かんでくる(行った事ねーけど)、叙情感溢れるイントロからもう涙。
そしてこれぞヴァイキングな3連系のリズムに乗る物悲しくも勇ましいメロディー。まさに至高のヴァイキングバトルソング。
↓ #9 Victory Song
[ 2012/07/14 01:59 ] CD紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gachiou.blog.fc2.com/tb.php/84-a211097c