FC2ブログ

Dalriada [Ígéret]

0031_convert_20120520222658.png
Dalriada
Ígéret (2011)
ジャンル:フォークメタル 
<曲目>
01.Intro
02.Hajdútánc
03.Hozd El, Isten
04.Mennyei Harang
05.Ígéret
06.Igazi Tuz
07.Kinizsi Mulatsága
08.A Hadak Útja
09.Leszek a Csillag
10.Leszek a Hold
11.Outro
----------------------------------------------------------------------------------------
ハンガリーのフォーククサメタルバンドの6th。

僕はこのバンドのCDを初めて購入したんですが、その手の好き者達には有名なバンドらしいです。
今作がバンド名改名前(Echo of Dalriada)から通算で6作目となるそうです。

音楽性の方は、ヴァイオリン、コントラバス、ヴィオラ等をふんだんに使用した民族調の強いフォーキッシュな
サウンドとなっております。
メインヴォーカルは女性なんですが、このLaura Binder嬢(読み方わからん)がなかなか面白いVoでして。
脱力感満載のどこかやる気なさげな歌声なんですが、不思議な魅力があって結構好きです。

どこぞの部落の儀式みたいなイントロ#1からしてなんかニヤニヤしてしまうクサさです。
#2はノリのいいアップテンポ系の曲。自分はこの曲を視聴して購入を決めました。
この曲ではLaura嬢のグロウルなんかも聴けたりします。
#5なんかもイントロからノリノリで楽しめます。

しかし基本的には結構まったりした曲が多いですね。部分的にテンポが上がって踊りだしたくなるようなパートは
随所に顔を出しますけど。
そんな訳で初めのうちは#2とかばっか聴いてたんですが、よくよく聴いてみるとマッタリした聴かせる系の曲も
実はどの曲も叙情的かつ哀愁あるメロを有していて、実はこっちがこのバンドの真価なんじゃないかと思うようになりました。
なにげに捨て曲ゼロです。

結構な頻度で参加してくる男性Voもいいですね。女性Voとは対照的に感情のこもった熱唱を披露してくれます。
この対比も面白いっす。
ちなみに#10にはKorpiklaaniのヨンネ・ヤルヴェラ(Vo)が参加してます。

というわけで購入して大正解の1枚でした。
辺境ハンガリーですが、中堅レコード会社AFMということもあって音質も全く問題なく、曲の出来も含めて
実に高クオリティーな作品です。
ハンガリー語も個人的にはクサさ増強要素になっていて良いです。
Korpiklaani的な終始お祭り、みたいな感じを期待すると肩透かしを食らう可能性がありますが、
フォーク好きなら聴いて損は無いです。
とりあえず個人的には過去の作品買い漁ること確定。

個人的ツボ度・・・・・86%
個人的ベスト曲・・・・#10 Leszek a Hold
ノリノリパートと叙情感出まくりパート(特にサビ)の同居がたまらなくツボ。
ヨンネは・・・相変わらずだね。
↓ #10 Leszek a Hold~#11 Outro  なんかアウトロくっついてるのしか無かった。
[ 2012/05/20 23:45 ] CD紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gachiou.blog.fc2.com/tb.php/72-59d2fbeb