FC2ブログ

At Vance [Heart of Steel]

0026_convert_20120430231437.png
At Vance
Heart of Steel (2000)
ジャンル:ネオクラシカルメタル メロディックパワーメタル
<曲目>
01.Prelude
02.Soldier of Time
03.The Brave and the Strong
04.Heart of Steel
05.S.O.S.
06.King of Your Dreams
07.Princess of the Night
08.Goodbye
09.Why Do You Cry?
10.Don't You Believe a Stranger
11.Chopin/Etude No. 4 Op. 10
12.Logical Song (Bonus Track)
----------------------------------------------------------------------------------------
ドイツのネオクラメロパワバンドの2nd。

デビュー作である前作から質の高い作品を披露していた彼らですが、今作も前作の流れを踏襲した様式美満載の
メロディックなアルバムに仕上げてきました。

哀愁漂いまくりのアコースティックインスト#1から#1と同じメインフレーズを使用した、ネオクラスピードチューン#2で
早速悶絶です。オリヴァー・ハートマン(Vo)の声が哀愁たっぷりのこの曲に合ってます。
続く#3は荘厳なオルガン+コーラスが印象的なアップテンポチューン。
#4はスロー~ミドルテンポな曲ですが、サビとかは耳に残る良いメロです。テクニカルなGソロも聴き所。
Abbaのカヴァー#5を挟みまして続く#6はイントロのGリフがたまらなくカッコいい疾走様式美メロパワ。
いや歌メロもいいしコレはいいわ。しかしギター上手いなやっぱ。
#7もこれまた哀愁放ちまくりのバラード。
そしてやや長めの導入部分から、ギターが入ってきた瞬間鳥肌が立ったアップテンポな#8。
再びスローテンポの#9に戻って#10はハモリのリードギターがツボなアップテンポメロパワ。
#11はショパンのカヴァーでインスト曲。これがまたいい。つーかうまい。
ボートラ#12もなんかのカヴァー。全然知らない曲ですけど良い曲ですね。

いやいや今作も前作に負けず劣らずの良い出来じゃないですか。
音質の向上も嬉しいですね。ドラムとかまだ若干パタパタ感が残ってたりしますけどまあ問題ないレベルですね。
個人的には今作はやたら哀愁が強く感じられましたね。

孤高のネオクラギタリスト、オーラフ・レンク(G)の流麗なプレイ、独特の渋さと色気のあるオリヴァー・ハートマン(Vo)
の歌声は今回ももちろん鉄板。
スロー、ミドルテンポの曲の出来が割といいんでダレずに聞きとおせるとこも高ポイント。
前作が気に入った人、ネオクラシカルなメロパワが好きな人はまず間違いない1枚ですぞ。

個人的ツボ度・・・・・87%
個人的ベスト曲・・・・#8 Goodbye
哀愁+切なさ+様式美という珠玉の1曲。
↓ #8 Goodbye
[ 2012/05/01 00:29 ] CD紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gachiou.blog.fc2.com/tb.php/64-9c6dac39