FC2ブログ

Luca Turilli [Prophet of the Last Eclipse]

0025_convert_20120429143945.png
Luca Turilli
Prophet of the Last Eclipse (2002)
ジャンル:シンフォニックメタル メロディックパワーメタル
<曲目>
01.Aenigma
02.War of the Universe
03.Rider of the Astral Fire
04.Zaephyr Skies' Theme
05.The Age of Mystic Ice
06.Prince of the Starlight
07.Timeless Oceans
08.Demonheart
09.New Century's Tarantella
10.Prophet of the Last Eclipse
----------------------------------------------------------------------------------------
イタリアのシンフォニッククサメタルギタリストによる2nd。

元Rhapsodyの中心人物ルカ・トゥリッリによる2ndは、前作の中世ファンタジックワールドから
近未来の宇宙にテーマを変えてきました。
音的にもスペーシーなデジタル電子音なんかも大幅に取り入れています。
これだけ聞くとメタラーなら拒絶反応を起こしそうですが、そこはルカ先生だけあってメロディックメタルという
根幹は全く失われておりません。

電子音にクワイアが乗るオープニング#1に続く#2はルカ節全開なシンフォメロパワチューン。
ピコピコいうKeyをバックに壮大なオーケストラとコーラスが大いに曲を盛り上げます。
#3もデジタルな電子音が随所に目立つツーバスドコドコ系のスピード曲。
男性、女性両コーラスをふんだんに使っていて派手ですねー。
バラード調のインスト#4を挟んで、再びシンフォメロパワ#5へ。
ミドルテンポで進行しつつサビではテンポアップし壮大に盛り上がるこれまた良曲です。
#6もこれまた悶絶物のメロパワナンバー。今作の中では珍しくギターが結構目立ってますね。イントロとか。
ピアノも結構ツボです。
#7は感動的なシンフォニックバラード。
印象的なKeyからスタートする#8はシングルにもなったアップテンポ曲。
この曲も分厚いコーラスでド派手に盛り上がります。
#9は今作の中では異彩を放つどこかカントリー調な1曲。その原因はもちろんクッサい笛ですね。
しかしこの曲もやたらと耳に残るんですよね。
そして今作もラストは11分越えの大曲#10。オラフが歌いだすまで3分半ぐらい延々とイントロが続くんですが、
これがなかなかスリリングでいい。ピアノや女性Vo,挙句には幼児の泣き声みたいなのも入っていて、
まさに全員総出でラストを飾ってくれます。

前作もそうでしたが、今作は更にコーラスが大活躍ですね。なんせブックレットによるとNew Galaxy Choirs
らしいですからね。盛り上がりがハンパじゃないです。
My favorite Singerの1人であるオラフ・へイヤー(Vo)も相変わらず伸びのあるハイトーンで楽しませてくれます。
ルカ先生のGが若干目立たない感がしますが、元々Gが目立つ音楽性でもないんで問題は無しですかね。

個人的には前作の方が好きですが、この手のメタルとは相性が悪そうなデジタルなピコピコ電子音を、ここまで
見事にシンフォメタルに融合させたルカ先生の手腕にはやはり感服。
近未来の宇宙という舞台を見事に表現しています。
捨て曲も無く、全曲に渡って世界観が堪能できる名盤。

個人的ツボ度・・・・・90%
個人的ベスト曲・・・・#3 Rider of the Astral Fire
ピコピコKeyからAメロへの流れがなぜかやたらツボ。
↓ #3 Rider of the Astral Fire
[ 2012/04/29 16:48 ] CD紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gachiou.blog.fc2.com/tb.php/63-8aff86d4