FC2ブログ

Ancient Bards [The Alliance of the Kings]

0020_convert_20120325131341.jpg
Ancient Bards
The Alliance of the Kings (2010)
ジャンル:シンフォニックメタル メロディックパワーメタル
<曲目>
01.Prelude
02.The Birth of Evil
03.Four Magic Elements
04.Only the Brave
05.Frozen Mind
06.Nightfall In Icy Forest
07.Lode Al Padre
08.Daltor the Dragonhunter
09.Farewell My Hero
10.Faithful To Destiny
11.Eyes On Me [Acoustic Version] (Bonus Track)
----------------------------------------------------------------------------------------
イタリアのシンフォニックエピックメタルバンドの1st。

今やクサメタル大国となったイタリアより高クオリティーのシンフォメタルバンドの登場です。
音楽性といたしましては、初期Rhapsody直系の大仰でクッサい感じです。
ちなみにメインヴォーカルは女性です。

今作はThe Black Crystal Sword Saga-Pt. 1というサブタイトル通りの、ファンタジックなストーリーを
描いているようです。
某キャプテンの解説を引用すると、4つの国の王やエルフが自分たちが守護する秘宝によって、邪悪な世界征服を
企む最強魔術師とその手先のドラゴンを打ち破り、世界に平和を取り戻す、みたいなお話らしいです。ふー疲れた。

この手の音楽には定番の語りのインスト#1から疾走チューンの#2へ。
これがいきなりのキラーチューンでして。大仰なオーケストレーションにクッサいメロディーが乗って疾走する、
定番ですけど悶絶の1曲です。G,Key,Bと順番に続くソロパートもいいね。
#3はまさに冒険の始まりといった感じで勇壮に進行するミドルテンポ曲なんですが、間奏部分から突如狂った様に
疾走開始!嫌いじゃないですよ、こういうの。
#4は典型的な疾走シンフォメタル曲。ここでもG,Key,Bの連続ソロが聴けます。っていうかオマエラ絶対目立ちたがり屋だろwww
続く#5はスネアのオモテ打ちをメインにしたスピードチューン。この辺もラプソの影響ですかね。
重厚さが出ていてメロディーも好きです。
クワイアが印象的な短い#6を挟んでアコースティック調なバラード#7へ。
ふぅようやく一息か、とか思っていると間奏からテンポが上がり、しまいには疾走!おいぃwww
#8はイントロからして鳥肌モンの疾走曲。この曲のサビの壮大な盛り上がりはヤバイッす。
#9は始まりは勇壮な雰囲気ですが、途中からは割とダークな感じも出るミドルテンポな曲。
ラストの#10は中盤までスローに進み、そこから疾走して最後は感動的なオーケストラで締める、という
まさにラスト向きの曲。途中のオルガンみたいなKeyがなかなか効果的。

国内盤にはボートラとしてFFⅧの主題歌のカヴァーが収録されてます。
ええ、もちろんこれの為に国内盤を買いました。イントロのFFのメインテーマで早くも悶絶です。
アコースティックバージョンとか書いてありますが、割とシンフォニックなアレンジですね。
まあ原曲が好きなのもありますが、満足の出来でした。
疾走して雰囲気ぶち壊し、なんてことはありませんのでご安心を。ま、それもそれで面白そうですが。ちなみにスコールよりラグナ様派です。

Voのサラ・スクワドラーニは割と普遍的な女性声で、そこまで個性があるほうではありませんが、
時折みせる感情のこもった熱唱は好みですね。
この手のバンドにしてはBが主張しまくって目立ってるのもいい。
まあGがピロピロ系のソロばっかでイマイチとか、間奏が詰め込みまくって冗長になってるとか感じる方も
いるかもしれませんが、とにかくクサいメロディーラインが素晴らしい。クワイア系の女性コーラスも美しくていいですしね。
Rhapsodyとかが好きな人ならまず外さないでしょう。

しかしこの冒険物語はまだ序章に過ぎない4人の王のうちウェストランドの王ダルトールはドラゴンとの
戦いの末に命を落としてしまう彼の持つ銀の剣はドルスという若者に引き継がれるが果たして彼らは・・・・
って長ぇから!疲れたんで続きは手に取って読んでみてください。

個人的ツボ度・・・・・91%
個人的ベスト曲・・・・#8 Daltor the Dragonhunter
Aメロ→Bメロ→サビにいかずAメロに戻る、っていうエメソ的なじらし方がありがちだけどツボ。
ラスサビのサラ嬢の熱唱も聴き所です。
↓ #8 Daltor the Dragonhunter
[ 2012/03/25 15:45 ] CD紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gachiou.blog.fc2.com/tb.php/53-c5026bde