スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Ensiferum [One Man Army]


Ensiferum
One Man Army (2015)
ジャンル:ヴァイキングメタル フォークメタル

<曲目>
01.March of War
02.Axe of Judgement
03.Heathen Horde
04.One Man Army
05.Burden of the Fallen
06.Warrior Without a War
07.Cry for the Earth Bounds
08.Two of Spades
09.My Ancestors' Blood
10.Descendants, Defiance, Domination
11.Neito Pohjolan
---------------------------------------------------------------------------------------------
フィンランドのヴァイキング/フォーク・メタルバンドの6th。

アグレッシブさの大幅な低下というまさかの仕上がりだった前作。
期待と不安が入り混じる約2年半ぶりのフルアルバム。はたして今回はどうなったのか・・・

毎度おなじみフォーキッシュかつシンフォニックなイントロ曲#1に続いて、実質的なオープニングチューンとなる#2。
壮大なコーラスをバックに突進するドラム!そしてペトリの絶叫!!!
素晴らしい。これぞEnsiferumな百点満点の幕開けです。

続く#3も非常に彼ららしいメインリフを持つミドル曲。
そして切れ味鋭いギターリフで始まる疾走メロデスナンバー#4。うーん、拍手喝采の素晴らしい流れ。

中盤以降は少しトーンダウンし、激しさとスピード感は抑え目に。フォーク感たっぷりの#5から#6に繋がる流れとかは絶妙。
途中の疾走系#8は勇壮さよりも踊り出したくなるようなノリが印象的。ライヴで盛り上がりそうな曲です。

お約束の大作(#10、約11分)は今作もしっかり収録。悪くない出来だけど、やはり以前ほどの涙腺崩壊級の感動は・・・って感じですかね。
この曲にはTYRのヴォーカルの人がチョロっとゲスト参加。そういえばFrom Afarのボートラでも歌ってましたね。
ラスト#11は女性Voが歌う、フォークとウエスタンが混ざったようなまったりとした曲で締め。

ちなみに限定版はボーナスディスクが付いていて、カヴァー曲2曲や#11の男ヴォーカルヴァージョンなど計4曲収録。
まあお遊び要素強めのまさにボーナスって感じです。ディスクを分けたのは正解ですね。

男女混合のコーラスや壮麗なシンセなど、やはり今回もシンフォニック度は強め。
感触としてはやはりFrom Afarが一番近いでしょうか。

中盤以降の若干の弱さやギターソロなど多少の物足りなさはありますが、前作からはだいぶ盛り返したかな、と。
ヴァイキング的勇壮さとシンフォニック要素の融合は相変わらずお見事です。

大傑作とまではいきませんが、彼らの地力の高さをみせた良い作品です。

個人的ツボ度・・・・・86%
個人的ベスト曲・・・・#2 Axe of Judgement
インスト曲#1から一気に勢いが増す流れは嫌が上でもテンション上がりますね。
ウォーウォー言ってる合唱パートもお決まりだけどやっぱ最高(笑)。

↓ #4 One Man Army
[ 2015/03/29 01:43 ] CD紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gachiou.blog.fc2.com/tb.php/248-34b7a5eb












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。