スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Wintersun [Time I]

0134.png
Wintersun
Time I (2012)
ジャンル:メロディックデスメタル

<曲目>
01.When Time Fades Away
02.Sons Of Winter and Stars
03.Land of Snow and Sorrow
04.Darkness and Frost
05.Time
---------------------------------------------------------------------------------------------
フィンランドのメロデスバンドの2nd。

5年以上毎年のように今年こそはリリースされると噂される⇒結局出ない、みたいな流れが続き「出る出る詐欺」とまで言われた末にようやく発売。
前作ではプロジェクト的な感じでしたが、G,Bが加入しバンドとしての形が出来上がったようです。

そしてバンドの体制だけでなく音楽性もガラリと変化。
ヴァイキング風メロデスといった感じから、派手なシンフォアレンジが強調された壮麗メロデスへと変貌しました。

全5曲中#1,#4はインストなので歌入り曲は3曲。さらにその3曲は13分、8分、11分という大作志向。
前作でも長めの曲は多かったけど、まさかここまで極端な構成になるとは思っていませんでした。

まあ大作オンリーだろうと曲が良ければ問題ないですが、民謡メロ、アグレッシヴさ、爆走等の要素がかなり薄くなってしまったのは痛い。
ヤリ・マーエンパー(Vo,G,Key)のギタープレイも、オッと思わせるフレーズ、ソロはあるものの正直かなり控え目。

シンフォアレンジは前作でも目立っていましたが、寒々しさを感じさせるものから壮大な雰囲気を出すものへと変わりました。
自分はド派手なシンフォも好きなのですが、いくらなんでも中華風はどうなの?#1なんかChthonicあたりの曲でも間違って再生したかと思ったわ。

そんな感じで発売当初は拒絶感しかありませんでしたが、あらためて聴きこんでみると案外悪くない。
中盤あたりで一度落ち着いてから再び壮大に盛り上がっていく#2、哀愁系のメロディが印象的な#3、なんかは好きです。

ですがやはり前作の出来には遠く及びません。確かに音質も良くなったし洗練されたかもしれないけど、前作を聴いた時の様な興奮は皆無でした。
ま、それ以前に激しく興奮させるような作風ではないけど。

というわけで、前作に思い入れがある人ほど聴かない方がいいかも知れません(笑)。

続編のTime IIのリリースが予定されてますが、この作風からいきなり1stのような音楽性に戻るとは考えにくいので、過度に期待しない方がいいですね。
つか当初の予定では2013年中にリリースされるはずだったような・・・・・いや出る出る詐欺はもういいから。

個人的ツボ度・・・・・78%
個人的ベスト曲・・・・#2 Sons Of Winter and Stars
ギターソロとか短めだけど結構良い感じっすね。

↓ #5 Time

[ 2014/04/06 01:11 ] CD紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gachiou.blog.fc2.com/tb.php/218-d1c027db












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。