スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Last Wail [The Tale Of Endless Night]

0132.png
Last Wail
The Tale Of Endless Night (2011)
ジャンル:フォークメタル

<曲目>
01.Intro
02.Warrior Of Justice
03.Revenge
04.Fighting The Dark
05.Mystery
06.Merciless
07.Tale Of The Endless Night
08.The Doomed In Despair
09.Outro
10.Windrider (Bonus Track)
---------------------------------------------------------------------------------------------
ロシアの疾走フォーク・メタルバンドの1st。

以前2ndを紹介した女性グロウルシンガー擁する疾走系フォーキッシュメタルバンドのデビュー作。
自分がが購入したのはジャケ違いの再販盤だそうです。
ちなみにオリジナル盤のジャケ↓
0132-2.png
どうやらこの1st時は専任のKey(女性)が在籍していたみたいです。ロシアの人って綺麗な人多いですね。
そして顔に似合わずグロウル専門ヴォーカルのAlienさんは1stの時も美人さんです。エスニックな編み込みヘアーが素敵です。

ロシア美人の解説はもういいからとっとと内容書けやハゲ的なお叱りをボチボチ受けそうなので、楽曲の感想の方にまいりましょうか。

2ndでのあの疾走ぶりからして、1stなんかはさらに勢い任せに疾走しまくってるんだろうな~、という予想(期待)でしたが、ドンピシャでした。
#1,#5,#9が小インストなので本編は実質6曲ですが、全部疾走曲です(笑)。もちろん曲中のアップダウンなんかはありますけど。

2ndに比べると笛なんかの使用頻度がやや少なめなので、どちらかというと勢い重視気味。
まあでもフレーズ自体はしっかりとフォークメロを奏でているので、2ndとのあからさまな違いというのは別段感じませんね。

以前も書きましたが、このバンドイマイチ歌メロが弱いというか、サビなんかでの盛り上がりに欠ける面は今作も感じますね。
個々のパーツというかフレーズはなかなかツボなものが少なからずあるんですが。

でもってこの疾走オンリー的なアルバム構成なんで、どうしても俗に言う金太郎飴状態になってしまいます。まあ個人的には疾走好きだしアリですけど。
個人的にはノリのいいリフを持つ#4、Keyがいい仕事をしてる#6、#8なんかがお気に入りです。

そしてボートラ#10含めトータル35分という潔さ。ちょっと他の事に集中していると、ふと気が付いたらもうアウトロ、みたいな事になります。
まあこの作風で長尺の曲が多いとえらい聴き疲れしそうなんで、むしろ良いですけど。

その再販盤ボートラ#10はEnsiferumのカヴァー。ああなるほど、だからメンバーが鎖帷子とか着てるんですね。
まあ音質、アレンジ、演奏、ヴォーカル全てにおいて原曲に勝てませんが、その選曲自体に好感が持てるじゃないですか!
つっても今思えばこの曲は1stの曲ですね。原曲聴くとデビュー作でこの出来はやっぱ並じゃねえな、と改めて信者は思った次第であります。

ついついEnsiferumの絶賛になってしまいましたが、彼らをリスペクトするバンドとして是非今後も頑張ってほしいですね。
いつの日かEnsiferum級の作品を作り上げて悶絶させて下さい。

個人的ツボ度・・・・・82%
個人的ベスト曲・・・・#6 Merciless
上でも書きましたが、Keyが随所でさりげなく光ってます。ヴォーカルの裏のリードギターもクサ目でいいね。

Myspaceで#6が試聴できます。
[ 2014/03/16 22:21 ] CD紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gachiou.blog.fc2.com/tb.php/216-be9f010d












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。