FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Skálmöld [Börn Loka]

0130.png
Skálmöld
Börn Loka (2012)
ジャンル:ヴァイキングメタル フォークメタル

<曲目>
01.Óðinn
02.Sleipnir
03.Gleipnir
04.Fenrisúlfur
05.Himinhrjóður
06.Miðgarðsormur
07.Narfi
08.Hel
09.Váli
10.Loki
11.Eldur (Fire)/Part 4 Of Millennium Songs
---------------------------------------------------------------------------------------------
アイスランドのフォーキッシュヴァイキング・メタルバンドの2nd。

デビュー作で評価を高めたのか、Alestormなんかも所属するNapalm Recordsに移籍してリリースされた2ndアルバム。
ちなみに自分は#3のPVをYoutubeでたまたま発見して気に入ったので1st,2ndをまとめて購入、という流れでした。

前作からのメンバーチェンジは無し。メンバーはVo,G×2,B,Dr,Key,という6人編成。

さて今作も前作同様何やらストーリー仕立ての作品のようで、母国語(アイスランド語?)の歌詞とは別に、英語であらすじ的なモノが記述されております。
そして気になる楽曲の方向性も概ね前作の延長線上にある、と言えるでしょう。

冒頭の#1では女性コーラスを使用するなど、このバンド最大のウリである(と、勝手に思っている)合唱系コーラスにさらに力を入れてきています。
ただ今作では、前作で出てきたオッサンの朗々としたクリーンが姿を消しているのは少し寂しいかな。野郎系のコーラスは相変わらず良い感じですが。

フォーク調のフレーズを織り交ぜつつ、ミドルテンポ時々疾走的な楽曲は前作通り。
あと今作は若干ですがダークで重めな雰囲気が増したような感触ですね。個人的には前作ぐらいが丁度良かったんですがねぇ。

そしてもうひとつ気になったのが、メロディが前作より弱めの曲が多い、ということ。
聴いていて退屈という感じまではいかないけれど、聴いた後にメロディをはっきり思い出せるのは#3,#7,#9,次点で#12ぐらいかなぁ。

もっと#3のメインフレーズのような即効性の高いメロディを増やしたり、より勇壮さ、哀愁を強く出した方が個人的には良いと思うんですけどね。
ま、要するにもっとクサくやってくれ!、って話なんですけどね(笑)。

という感じで自分としては前作に比べるといささか物足りない内容でしたね。
とは言っても標準的な視点で見れば十分クサいし、なんだかんだ#3はかなりのリピート数になってます。

非常に光るものを持っているバンドだと思うので、次作に期待したいところです。

個人的ツボ度・・・・・80%
個人的ベスト曲・・・・#3 Gleipnir
上でも書きましたが、このメインフレーズがやたらと耳に残ります。野郎コーラスに咆哮系グロウルが被さってくるラストのサビもこのバンドお得意の展開。
PVも無駄に壮大すぎる大自然が激しくツボです。ストーリーはよく分かりませんがww

↓ #3 Gleipnir
[ 2014/03/11 21:40 ] CD紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gachiou.blog.fc2.com/tb.php/214-993fd852












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。