スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Barque Of Dante [Lasting Forever]

0128.png
Barque Of Dante
Lasting Forever (2013)
ジャンル:メロディックパワーメタル

<曲目>
01.The light of Polaris
02.Lasting Forever
03.Follow the King
04.Walking alone
05.I Will Never Forget
06.Way of Your Life
07.Albert the Miner Part 1
08.Albert the Miner Part 2
09.The Way to Freedom
---------------------------------------------------------------------------------------------
中国のメロパワバンドの2nd。

えー、何から申し上げたらよいか悩むところですが、とりあえず中国よりメロパワバンドのご紹介です。

全く未知のバンドでしたが、以前紹介したクサメタルバンドGloryhammerのトーマス・ウィンクラー(Vo)が参加しているという事で興味を持ちました。
そうです、あの緑の鎧の人です。しかし何故このバンドに参加したのかが非常に気になって仕方がない(笑)。

中国という出身地といい、けしからん系のジャケといい得体の知れないあやしさ満点の本作ですが、聴いてみてびっくりの真っ当な欧州系メロパワ。
シンフォニックな要素を織り交ぜつつ、比較的スピード感の高い楽曲が中心。女性Voも数曲で顔を出します。

個人的にはHelloween系列の感動的な雰囲気、メロディが非常にツボ。
時折中華風のメロを使用したフレーズが聴かれるのも面白いです。

さて鎧の人ことトーマス・ウィンクラーですが、中音域でパワフルな歌声を披露していたGloryhammerより、比較的ハイトーンの頻度が高まっています。
楽曲の雰囲気的にはもう少しクリアな声質のシンガーの方が合っている気がしますが、実力のあるシンガーなので大きな問題にはならないでしょう。
下手にヘロヘロ系のハイトーンヴォーカルを入れるぐらいなら、コッチの方が全体の質も断然違いますしね。

あとこのバンドはツインギターなんですが、個人的にはこのギターチームが結構ポイント高いですね。
なんせ2人揃って坊主ですからね。スキンヘッドじゃなくて坊主ってとこがポイントです。

・・・というのは冗談でこの坊主コンビはどっちがリードギターなのかわかりませんが、なかなかにテクニカルで様式美溢れるフレーズを連発してます。
#2のギターソロ中のアコースティックなプレイなんかもツボを得ていて、高度なクサセンスを有している事が窺えます。

少々楽曲が長尺気味の傾向がありますが、#1,#7,#9が短い小曲なのでアルバム全体としてはバカみたいに長くはないです。
んで#4がミドル曲で#5が女性Vo登場のバラード系。残りは曲が長めゆえアップダウンはありますが疾走系です。

個人的にはちょいちょい出てくる若干ダーク気味なパートを無くしてとことん感動的な楽曲に仕上げた方がなお良いと思いました。
とはいえ全体的にメロディも良いし、音質も全然まともな部類。何よりヴォーカルのおかげで言われなければ中国のバンドだと分からないぐらいです。

遂に中国からこんなバンドが出てきましたか。さすがは世界最大の人口を誇る国。やっぱ好きな人はいるもんですね。
というかやはりクサメタルは万国共通のメタルって事か。

ナイジェリアあたりのクサメタルバンドを紹介する日も遠くはなさそうです。

個人的ツボ度・・・・・84%
個人的ベスト曲・・・・#6 Way of Your Life
どアタマがサビの曲なんですが、そのサビを聴いた瞬間思いましたね、「コイツは久々にきたな」と。こういう雰囲気にホント弱いんすよ。
この曲はなぜかGソロが2回あるんですが、その2回目のソロがまた感動的で素晴らしい!

↓ #6 Way of Your Life  鎧の人の個人チャンネルをYoutubeで発見ww
[ 2014/03/02 14:35 ] CD紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gachiou.blog.fc2.com/tb.php/212-9b5ee0e8












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。