スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Gyze [Fascinating Violence]

0112.png
Gyze
Fascinating Violence (2013)
ジャンル:メロディックデスメタル

<曲目>
01.Desire
02.Desperately
03.Fascinating Violence
04.Regain
05.Trash My Enemy
06.A Dynasty
07.Final Revenge
08.Trigger Of The Anger
09.Day Of The Funeral
10.Midnight Darkness
11.The Black Era
----------------------------------------------------------------------------------------
日本のメロディック・デスメタルバンドの1st。

北海道出身の新進気鋭若手メロデスバンドのデビューアルバム。
個人的には全くのノーマークのバンドでしたが、ネット上の評判がかなり良かったんで便乗して買ってみました。(笑)

そんなわけで予備知識ゼロだったんですが、なんとびっくりイタリアのCoroner Recordsからのリリース。
でもってプロデュースはDisarmonia Mundiのエットレ・リゴッティ。
しかも同じくDisarmonia Mundiのクラウディオ・ラヴィナール(Vo)が大半の曲にゲスト参加。

「この布陣ってことは・・・」と聴く前からある程度想像は膨らんでいましたが、きましたねコレ。本家同様疾走感高めのモダン系メロデスです。
個人的にムンディはお気に入りバンドの1つなんで、音楽性としては好みの部類です。

ただ、このバンドがDisarmonia Mundiと大きく異なる特徴はなんと言ってもギタープレイでしょう。
泣きのエッセンスが色濃いリード、ソロプレイはこのバンドの最大の武器であると断言しても問題ないでしょう。

全編で強力にフィーチュアされているこの泣きのギターの影響もあり、そこまでモダンさは強くないのでソッチ系がダメな方でもイケるレヴェルかと。
Soilworkみたいな突進型のAメロを持つ#8のように、アグレッシヴさも十分兼ね備えてます。

やはり日本人特有のメロディはやっぱりいいですね。ブックレット付いてないんで確かではないですが、日本語詩なんかもチョイチョイあります。
クリーンのヴォーカルも所々で使われているんで、聴きやすさも高いと思います。

いやいやデビューアルバムとはとても思えないクオリティの高さですわ、これは。恐れ入りました。
メンバーの写真はどっちかというとVisual-Keiですが、中身はバリバリのメロデスです。やっぱ人間外見で判断しちゃいけませんね。

あ、あと輸入盤なんでCDが安いのもポイント高いです。(笑)
海外レーベルの皆様、日本のバンドをバシバシヘッドハンティングして逆輸入して下さい。

個人的ツボ度・・・・・86%
個人的ベスト曲・・・・#9 Day Of The Funeral
ストリングス、ピアノによるしっとりとした幕開けから一気に疾走するイントロは激しくドラマティックですなあ。
泣きまくりのギターもアルバムイチです。

↓ 本作のトレーラー   エットレ先生ww
[ 2013/10/05 18:40 ] CD紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gachiou.blog.fc2.com/tb.php/191-cc3af1c1












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。