FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Helloween [The Dark Ride]

0096.png
Helloween
The Dark Ride (2000)
ジャンル:メロディックパワーメタル

<曲目>
01.Beyond the Portal
02.All Over the Nations
03.Mr. Torture
04.Escalation 666
05.Mirror Mirror
06.If I Could Fly
07.Salvation
08.The Departed [Sun is Going Down]
09.I Live for Your Pain
10.We Damn the Night
11.Immortal
12.The Dark Ride
13.The Madness of the Crowds (Bonus Track)
----------------------------------------------------------------------------------------
ドイツのメロディック・ヘヴィメタルバンドの9th。

企画盤のカヴァーアルバムを挟んでリリースされたHelloweenの9枚目のスタジオ・アルバム。

前作のセールスが思いのほか伸び悩んだのが影響したのか、今回はイメージを大胆にチェンジ。
重々しいジャケ、タイトルが示す通りダークな路線に新たな活路を求めたようです。

ダークかつヘヴィ路線で評判も今ひとつだった為、僕も結構そんな感じの先入観を持って聴いたのですが、
短いインスト#1に続く#2がいつも通りの非常にキャッチーなスピード・メタルチューンで完全に拍子抜け。

しかし確かにその後の楽曲は、従来の明るめでコミカルな雰囲気は抑え目で、シリアスな雰囲気のものが多いです。
ですがHelloweenらしいメロディックなパートはなんやかんや随所に見られるので、個人的にはそこまで違和感は無かったですね。

上記疾走曲#2、ウリ作のアップテンポチューン#3、ライヴでも定番のピアノ系バラード#6、アツいメロディが魂に突き刺さる#7、
同じく疾走系の#10、そしてローランド・グラポウ(G)渾身の1曲として名高い大作#12、とキラーチューンも多い。

明快な#2やドラマティックな#12もかなりのモンですが、#7は特に素晴らしいですね。
聴く度にに心の底から何かこみ上げて来るモノがあります。感動的なサビはもちろん、ギターソロもまた琴線触れまくりなんですよコレが。

しかしそんな前述のキラー曲以外の楽曲は正直あまり印象に残らないものが多い。
やたらと暗めでヘヴィさが強調された曲は、若干というよりもだいぶイマイチ。

彼ら従来の魅力とシリアスさが上手いことかみ合った曲は非常に素晴らしいんですが、やはりあまり重たい雰囲気は彼らには合わないんでしょうね。
ま、マイケル・ヴァイカート(G)はこのアルバムをやたらと嫌っているみたいなので(笑)、もうこういった路線に走る心配もないでしょう。

個人的には曲によって好みがだいぶハッキリしてしまっている為、全体的な評価は何とも難しいトコです。
しかしキラー曲の出来は彼らの中でも屈指のものです。決して酷評されるようなアルバムではないと思います。

なんか妙にスベスベしたブックレットも地味にお気に入りww

個人的ツボ度・・・・・86%
個人的ベスト曲・・・・#7 Salvation
Where the Rain Grows? Power? 確かに名曲だ。
だが俺はあえて確信している!!この曲こそアンディ期Helloween最高の名曲であると!!!

↓ #6 If I Could Fly

[ 2013/07/17 20:55 ] CD紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gachiou.blog.fc2.com/tb.php/171-89dc027f












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。