スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Helloween [The Time of the Oath]

0094.png
Helloween
The Time of the Oath (1996)
ジャンル:メロディックパワーメタル

<曲目>
(Disc 1)
01.We Burn
02.Steel Tormentor
03.Wake Up the Mountain
04.Power
05.Forever and One [Neverland]
06.Before the War
07.A Million to One
08.Anything My Mama Don't Like
09.Kings Will Be Kings
10.Mission Motherland
11.If I Knew
12.The Time of the Oath
(Disc 2)
01.Still I Don't Know
02.Take It to the Limit
03.Electric Eye
04.Magnetic Fields
05.Rain
06.Walk Your Way
07.Light in the Sky
08.Time Goes By
----------------------------------------------------------------------------------------
ドイツのスーパーベテラン・メロパワバンドの7th。

前作Master of the Ringsで、メタルバンドとして劇的な復活を果たしたHelloweenの7thアルバム。
メロパワバンドとしての本質に立ち返った前作の流れを受け継いだ、これぞメロディック・パワーメタルなアルバムに今作も仕上がっております。

今回まず一聴して分かるのが疾走感の大幅な増加。前作では純粋な疾走曲というのはさほど見当たりませんでした。
しかし今作はオープニングの#1を皮切りに、#6,#9とツーバスドコドコ系のウラ打ち疾走曲が出現。
アップテンポ系の曲も多く、かなりのスピード感を体感できます。

自分はこのアルバムを前作と同時に聴いたんですが、正直最初コッチばっか聴いてました。だって速いからwwww

もちろんスピードチューン以外も良曲揃いで、バラード#5,#11や#7といったスロー系の曲も前作の同系統の楽曲より気に入っております。
特に#5,#7は個人的に名曲と認定です。

前作では作曲面でほぼノータッチだったウリ・カッシュ(Dr)による楽曲が増えたのも新機軸とも言えますかね。#3,#7,#8等割と多い。(#8はアンディとの共作)
前作で見られなかった大作も#10(約9分)で復活。キーパー時代のそれには個人的には届きませんでしたが、十二分に感動的な1曲です。

疾走感の上昇も嬉しいトコですが、個人的に今作の1番のポイントはギターソロの充実。
上記疾走曲や、#2,#3,#4,#12など至るところで聴けるメロディアス極まりないフレーズの連打に悶絶しっ放し。
Helloweenっつったらやっぱコレでしょ。

あ、いい加減聞き飽きたと思いますが、今回もエクスパンディッド・エディションのご紹介になっております。
Disc 2がボーナスディスクで、例によって日本盤ボートラ*1,*2,残りはシングルのカップリングで*3,*4,*5がカヴァー曲です。

今回は前作と違ってこのボーナスディスクが個人的になかなかツボでした。
日本盤ボートラ*1,*2は以前から聴いていて、この2曲も割といい感じのアップテンポメロパワ。

カヴァー曲は正統派メロパワライクな仕上がりの*3、やたらとドラマティックなインスト*4はかなりカッコよくてオススメです。
*3はJudas Priestのカヴァーだったのか・・・。そういえばこの曲が入ってるアルバムすんげー昔に聴いたな・・・。
ちなみに*4はジャン・ミッシェル・ジャールというシンセサイザー奏者、*5はStatus Quoというロックバンドのカヴァーらしいです。

そしてもう1曲オススメなのがマーカス・グロスコフ(B)作の*6!!近年の彼の楽曲のようなクールなメロパワチューンでGソロもイイ!
といった感じで今回はエクスパンディッド・エディションを推しときます。

個人的にHelloweenで最初にハマッたアルバムでもあり、非常に思い入れの強い1枚。
もちろんそんな事抜きにしても大変素晴らしい1枚であり、Helloween第二の全盛期ともいえる磐石の出来。

個人的ツボ度・・・・・95%
個人的ベスト曲・・・・#4 Power
ま、やっぱし結局コレですね。
アホほどキャッチーなメロディ、適度な疾走感、ハモリのGソロ、と王道中の王道なHelloweenチューン。

↓ #4 Power
[ 2013/07/12 23:00 ] CD紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gachiou.blog.fc2.com/tb.php/169-78478d3a












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。