スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Helloween [Master of the Rings]

0093.png
Helloween
Master of the Rings (1994)
ジャンル:メロディックパワーメタル

<曲目>
(Disc 1)
01.Irritation [Weik Etitude 112 in C]
02.Sole Survivor
03.Where the Rain Grows
04.Why?
05.Mr. Ego [Take Me Down]
06.Perfect Gentleman
07.The Game Is On
08.Secret Alibi
09.Take Me Home
10.In the Middle of a Heartbeat
11.Still We Go
(Disc 2)
01.Can't Fight Your Desire
02.Star Invasion
03.Cold Sweat
04.Silicon Dreams
05.Grapowski's Malmsuite 1001
06.I Stole Your Love
07.Closer to Home
----------------------------------------------------------------------------------------
ドイツの大御所メロパワバンドの6th。

従来とは大きく異なる作風から多くのファンの失望を買った前作後、バンドは大きな転換点を迎えました。
看板シンガーであるマイケル・キスク及び、初期からのメンバーであるドラムのインゴ・シュヴィヒテンバーグを解雇。
後任Voにアンディ・デリス(ex-Pink Cream 69)、Drにウリ・カッシュ(ex-Gamma Ray)を迎えての再起作となりました。

今回は再びエクスパンディッド・エディションのご紹介です。例によってDisc 1がオリジナル、Disc 2はボーナスディスクとなっております。

3rd以来の復活となった導入インスト曲#1に続いて始まる#2のサウンドは、まさしくメタルバンドのそれ。
メタルからかけ離れていた前作の方向性と完全に決別し、メロディック・パワーメタルのフィールドに回帰してきました。

ゆったり目の曲調の#4,#5,#6が続く中盤や#10のバラードの影響もあり、全体的な疾走感は控えめですが、
パワフルなアップテンポメロパワ#2、アンディ期屈指の人気曲#3をはじめとしてスピード感のある曲もあり、かつ出来の優れた曲が多いです。

そしてファミコンみたいなピコピコ電子音を大胆に導入した#7を筆頭に、Helloweenらしいコミカルというか遊び心が随所に見られるのもまた良い。
もちろんそんな遊び心が光るなかでもメタル感はしっかりと維持されていて、変にポップ過ぎるという事はありません。

何かとキスクと比較されてダメだしされる事の多いアンディ・デリスですが、僕は全然好きです。
もちろんキスクのような超絶ハイトーンは出ませんが、感情表現も豊かでどこか愛嬌のある独特のハスキーな声は非常に個性があっていいと思います。
つーかキスクのようなモンスター級のシンガーと比べたらそりゃ誰だって厳しいですよ。タイプも180度違いますし。

というか歌唱うんぬん以前にマイケル・キスクがそのまま在籍していたら、Helloweenは今現在メタルバンドとして存在しなかった可能性も大いにありえた訳で、
そういった観点から見てもアンディの貢献度は計り知れないわけですよ。ま、それとコレとは全くの別問題だろ、って言われれば全くその通りなんですが。

まあ僕がアンディの声に違和感を感じないのは、この6thと7thがHelloweenデビューだった、って事が1番の原因ですけどね。
きっとキーパー時代から聴いてたら「こんなんHelloweenじゃねぇ!」とか言ってたんでしょうね。人間好きであればあるほど変化を受け止められないモノです。

若干話が逸脱しましたが、トータルで見れば非常に秀曲の揃ったアルバムだと思います。楽曲のバラエティもかなり幅広いし。
個人的に気に入っているのは上記#2,#3,#6,#7,そしてやたらとドラマティックなイントロが印象的な#8、ハモリのGソロが激ツボな#11ってとこですかね。

エクスパンディッド・エディションのボーナスディスクの方ですが、*1,*5は日本盤ボートラで収録されていた曲。某インギーをパロッた*5は結構好きです。
*3,*6,*7はカヴァー曲。ちなみに*7ではローランド・グラポウ(G)が歌っているそうです。Kissのカヴァー*6は悪くない。元ネタ知らんけど・・・
残る*2は個人的にはイマイチピンと来ませんでしたし、*4も悪くないけど・・・そこまで良くもないかな(笑)。

とまあ、Disc 2は微妙な感じでしたが、こんなもんあくまでオマケですから。本編の内容は折り紙付きです。

2nd,3rdのような雰囲気とはまた違ったモノですが、新たなメンバーと共にメタルバンドとして復活した名盤。

個人的ツボ度・・・・・90%
個人的ベスト曲・・・・#3 Where the Rain Grows
ドラムから入るイントロとか、ほんのり哀愁を感じさせるメロとかも良いんだけど、やっぱこの曲はGソロでしょ!
特に後半のハモリパートは最高すぎます。これぞHelloweenですな~

↓ #3 Where the Rain Grows

[ 2013/07/09 20:51 ] CD紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gachiou.blog.fc2.com/tb.php/168-6e1e2221












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。