FC2ブログ

Disarmonia Mundi [Fragments of D-Generation]

0060_convert_20130104173929.png
Disarmonia Mundi
Fragments of D-Generation (2004)
ジャンル:メロディックデスメタル 
<曲目>
01.Common State of Inner Violence
02.Morgue of Centuries
03.Red Clouds
04.Quicksand Symmetry
05.Swallow the Flames
06.Oceangrave
07.A Mirror Behind
08.Come Forth My Dreadful One
09.Shattered Lives and Broken Dreams
10.Colors of a New Era
----------------------------------------------------------------------------------------
イタリアのモダンメロデスバンド(プロジェクト?)の2nd。

「は?ムンディ?全くクサくねーじゃん!」という声が聞こえてきそうな、クサさとは無縁のモダンなバンドのご紹介です。
いや、案外僕はこの手のバンドも嫌いじゃないんですよ。つかカッコよければ別によくね?(言い訳放棄)

さて、Disarmonia Mundiといえばエットレ・リゴッティ。この中心人物はG,Dr,Vo,Key,B等を1人でこなすスーパーマルチミュージシャンです。
スタジオジブリの楽曲をメロデス風アレンジした作品に関わったりして、日本での知名度もかなりのモンです。

改めてブックレットを眺めてみると、この作品発表時はエットレ氏(G,Dr,Key,Vo)、Vo×2、Bという4人編成ですね。
Vo多くね?しかも何曲かでゲストVoまでいるし。ちなみにこのゲストVoは1st時のVoの人みたいです。

そしてなんとそのVo陣の中にビョーン・ストリッド(Soilwork)が名を連ねてます。実は自分、この人がかなり好きでして。
迫力あるイカツい系の咆哮がたまらなくカッコイイんすよ。何気クリーンもかなりうまいしね。

バンド紹介にだいぶ尺を使いましたが、肝心の作風はというと、基本はメロデスなんですがモダン系のリフ、グルーヴ感なんかが目立ちます。
個人的にはアメリケンなメタルコアまでいってしまうと、そこまで好みではないんですが、このバンドはその辺のバランスが絶妙です。

ヴァース、ブリッジとスピード感を出してメロウなサビでスローダウン、みたいな典型的メタルコアと違い、終始疾走感がそれなりに持続してます。
特に#4~#9のスピード感のある曲の連打は即効性高めです。所々に使われる様々な音色のKeyも効果的。

後はやっぱ全編通してメロディラインがかなーりいい感じです。クリーンVoのお陰で聴きやすいし、アクセントも付いてます。
この辺のメロディ、リードギターなんかで結構北欧系の香りも残してます。

モダン系のサウンドは純正クサメタラーには受けが悪いですが、コレはコレでまた違った良さがあります。
「俺はモダンな音など一切認めんッ!!!」という素敵すぎる方には勧めませんが、
多少モダンでもOK、かつメロディアスな疾走系メロデスが好きな方は是非。

個人的ツボ度・・・・・85%
個人的ベスト曲・・・・#4 Quicksand Symmetry
イントロのメロディアスなリードギターと、直後のノリノリなモダン系リフの対比が印象的なアップテンポチューン。
自然と全身でノってしまって困ります。
↓ #4 Quicksand Symmetry
[ 2013/01/04 19:16 ] CD紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gachiou.blog.fc2.com/tb.php/120-838736da