FC2ブログ

Wuthering Heights [Shadow Cabinet]

0056_convert_20121118234046.png
Wuthering Heights
Shadow Cabinet (2006)
ジャンル:メロディックパワーメタル プログレッシブメタル シンフォニックメタル
<曲目>
01.Demon Desire
02.Beautifool
03.The Raven
04.Faith -- Apathy Divine, Part 1
05.Envy
06.Snow -- Apathy Divine, Part 2
07.Sleep
08.I Shall Not Yield
09.Reason...?
10.Carpe Noctem -- Seize the Night
11.Shadow of a Gipsy (Bonus Track)
----------------------------------------------------------------------------------------
デンマークの変態民謡メロパワバンドの4th。

前作のFar from the Madding Crowdで驚異的な進化を遂げたWuthering Heightsの4thアルバムです。
今回、あまりの変態ぶりに付いていけなくなったのか、GとKeyが交代したようです。ついでに不在だったBも加入。
国内盤は今は亡きSuund Holicからのリリースでございます。

さてメンバーチェンジは発生しましたが、音楽性の方は前作と同じく様々な展開が民謡クサメロを伴って次々と叩き込まれる、というもの。
前作と比較するとよりパワフルかつヘヴィになった印象がありますね。

前作でその圧倒的な歌唱力によりクサメタラーを唸らせた、パトリック・ヨハンソン(Vo)の荒くれヴォイスは更に暑苦しさに磨きがかかってます。
力強さを増したサウンドと相まって、むさくるしさ従来比25%増でございます。

上記のような若干の変化はありますが、今作も歌メロの聴きやすさは変わらずで、多少難解な展開ながら聴きにくさは有りません。
ここぞ、とばかりに繰り出される哀愁ダダ漏れの泣きのリード・ギターは今回も健在ですし。

個人的には前作の方がメロディ、民謡アレンジが好みの曲が多かった+前作で受けたインパクトがでかすぎた、というものもありまして
前作超え、とはなりませんでしたが、今作も圧巻のクオリティーを有した傑作であることは間違いないかと。

全体的に曲も長めですので、気軽にサクッと聴ける感じではありませんが、聴き応えのあるモノを求める方及び、
前作が気に入った方にはトラックボールマウス並に激しくおススメできる作品です。

個人的ツボ度・・・・・87%
個人的ベスト曲・・・・#4 Faith -- Apathy Divine, Part 1
8分強の大作ながら全くダレを感じさせないトコロはさすがですなぁ。哀愁全開だったりいきなりハッスルしたりするGは最高だね。
そしてラスト1分は完全に反則技。初めて聴いた時はコーヒー吹きそうになりました。もちろん激ツボだけどな!
↓ #4 Faith -- Apathy Divine, Part 1
[ 2012/11/19 01:03 ] CD紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gachiou.blog.fc2.com/tb.php/110-f536578a