FC2ブログ

ロンゲ in Loud Park 2

こんばんは、皆さん。
うっかりルパン三世のTVスペシャルを見ていたら、ブログの記事を書き始めて2時間で一行しか書いていないことに気付いたロンゲです。

久々にルパンを見ましたがキャスト陣が大幅刷新されたんですね。
山寺宏一氏のとっつぁんは微妙な違和感でしたが、なんだかんだ最後まで見てしまいました。

そんなわけで(どんなわけだ)今回もLPです。
さて、Naglfarの濃厚なライヴを観終えたロンゲ一行は、会場内に移動。(エクストリームステージも会場内だが)
お次はメロパワ系ながら正統派的な力強さも兼ね備えた、漢メタラーの熱い支持をうけるブラジルのHibriaの登場です。

個人的にはそこまでドツボなバンドではないんで、ドラフォに備えて反対側のアリーナ前方エリアからの観戦に。
去年リリースしたBlind Rideからの選曲が中心で、あんましこのアルバムを聴きこんでなかった自分は
イマイチ乗りきれませんでしたが、ユーリ・サンソン(Vo)の暑苦しいまでの熱唱、全身を使ったパワフルなステージアクションは良かったですね。

ラストを大好きなTiger Punchで締めてくれたのは嬉しかったです。
友人がユーリを見て「スナイデルwww」(サッカー選手、オランダ代表)とか言い出したのに軽く吹きましたが。まあ確かに似てるけどなw

Hibriaでテンションが上がってきたところで、いよいよ個人的メインの1つでもあるDragonforce先生の出番です。
ふと気付けばも周りが物凄い人口密度になってます。軽く気温プラス5℃ぐらいになってましたね。
オープニングSEが流れ出すと、更に人が前に押し寄せエライことに。

僕は前方エリアのど真ん中ぐらいにいたんですが、これがまさかの裏目に。
曲が始まると共にモッシュだかピットだがよくわからないモノに巻き込まれ、慢性化している腰痛が発症。
これはイカン、と後方エリアへの脱出を試みるも、前方エリアへの入場規制で柵が閉じられるというまさかの事態。
腰は痛いわ人混みでメンバーは見えないわで、正直途中マトモに聴けませんでした。

以下、セットリストです。
1.Holding On (5th)
2.Heroes of Our Time (4th)
3.Seasons (5th)
4.Fury of the Storm (2nd)
5.Through the Fire and Flames (3rd)
6.Cry Thunder (5th)
7.Valley of the Damned (1st)
最新作からの選曲がもっと多いかな、と思っていたんですが各アルバムから人気曲中心のセレクトで非常に盛り上がりましたね。
つーかやっぱ曲長いから曲数少ねぇなw

とりあえず演奏、音響面なんかは素人なんで先輩方にお任せしますが、やっぱピロピロ弾きまくるG2人はカッコよかったっすね。
あんまし派手には動き回ってはいませんでしたが、それでもKeyを真ん中に挟んで3人でピロリまくるとこなんかは痺れました。
新Voマーク・ハドソンは過去の曲なんかも全然問題なく歌いこなしてるように感じましたね。
特に違和感は無かったです。

個人的にはやっぱラストのValley of the Damned が1番でしたね。
「ラストは1stからの曲だぜ」的な事を言った時にこれはまさか、と思ったんですが曲名言ったときはキッターーー!!って感じでした。
とりあえずこの日1番のヘドバンをかましときました。

若干のアクシデントに見舞われつつも、大満足で一旦引き揚げようとする。も、今度は出口に向かう大渋滞で外にでれません。おいいいぃぃぃぃ
ライヴ開始と共に見失った友人は後方の柵が破壊され(!)そこから一足先に脱出した模様。
つーかもうライヴ終わってんのに軽い将棋倒しみたいなモノまで発生してます。

しょうがないんで脱出を諦め、反対側のステージで始まったSebastian Bachをしばし観ることに。
この人は全然知らないんで曲の方についてはコメントできませんが、とりあえず全身から出るロックスター臭は
やたらカッコよかったですね。ロンゲ似合いすぎ!!!

そんなこんなで数曲聴いたところでようやく混雑も収まってきたんで移動。
とりあえずこの後はノンストップになるんで腹ごしらえをすることに。
やっぱここはケバブだろ、ってことで屋台へ。

無駄にイケメンな外人店員(中東系)にケバブ+ポテトのセット(800円)を注文。千円札を渡す。
しかしケバブセットは出てきたものの、いつまでたってもお釣りが出てこない。
しょうがないので「すいませーん、お釣りもらってないんすけど」と言うと「スイマセン、チョットマッテ」と言いつつやたらポテトを補充しまくる店員。
そしてようやく補充が完了したのか「ナニカ?」みたいな顔をする中東系。

「いやお釣りまだなんだけど」と言うと「ゴチュウモンハ?」と聞いてくるので「ケバブセット」と答えると、
なぜかドヤ顔でケバブを手渡してくる店員。いやそっちじゃねぇからwww ここでまさかの言語の壁にブチ当たります。
「いやケバブじゃなくてお釣り」と再度言うとようやく理解したのか「イクラデスカ?」と聞いてきてようやくお釣りがもらえました。
たぶんヤツは「お釣り9200円だよ」とか言っても平気で出してきたに違いありません。そんなんで大丈夫か。

ケバブ屋台の経営を軽く心配しつつ、腹を満たして再度物販へ。
この時間帯はやたら空いていたんで適当にTシャツを1枚購入。
当初はCryptopsyでも軽く観る予定だったんですが、腰痛的なモノもありとりあえずステージ正面の最上段で落ち着くことに。

という訳で、しばしの休憩タイムというところで今回はこの辺で。無駄にケバブネタとか書いたせいでまた長くなってしまった。
次回ラウパ編最終回、個人的大トリHelloween出陣でございます。
[ 2012/11/03 01:08 ] 音楽ネタ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gachiou.blog.fc2.com/tb.php/105-8dc3677a