FC2ブログ

Dragonforce [Ultra Beatdown]

0051_convert_20121008132048.png
Dragonforce
Ultra Beatdown (2008)
ジャンル:メロディックパワーメタル
<曲目>
01.Heroes of Our Time
02.The Fire Still Burns
03.Reasons to Live
04.Heartbreak Armageddon
05.The Last Journey Home
06.A Flame for Freedom
07.Inside the Winter Storm
08.The Warrior Inside
09.Strike of the Ninja (Bonus Track)
10.Scars of Yesterday (Bonus Track)
11.E.P.M (Bonus Track)
----------------------------------------------------------------------------------------
イギリスの超絶ハイスピードメロスピバンドの4th。

何とも言えない個性的なジャケが印象的な、われらがドラフォ先生の4作目でございます。
前作発表後にはLoud Parkへの出演も果たして日本での人気を不動のものとし、満を持してのリリースです。

今作も基本的な方向性に変化は無く、疾走、キャッチーな歌メロ、ピロピロギター、と期待通りのドラフォサウンドです。
曲の長さも相変わらずで、一見するとプログレ系バンドのアルバムみたいになってますが。

しかし今作ではアップテンポ、ミドルテンポパートが結構な割合で取り入れられており、楽曲に緩急が付けられています。
#3のGソロパートなんかはその典型ですね。僕はかなり好きですけど。

それと電子音的なKeyも大胆に使われていて、エフェクト効かせまくりのギターと相まって、いわゆるメロパワ系の
典型的なサウンドとは大分異なる雰囲気が出ています。

僕個人としてはこのバンドの緩急の付け方はかなりツボなんで、疾走感の若干の減少も特に気になりませんでしたね。
ま、とは言っても結局はどの曲も疾走するんで普通の人なら「え?なんか違うの?」くらいの差だと思います。

気になる今回のボートラは3曲とやたら多いですが、2曲は限定版の、1曲は日本盤のボートラみたいです。
#9はバンド史上初(?)の終始アップテンポで3分強というコンパクトな曲。
なかなか新鮮で面白いですな。
#10,#11はどちらも疾走曲で歴代のボートラほどではないですが、良い出来です。

元々圧倒的なスピードという個性がありましたが、それに加えサウンドに独自の雰囲気が出てきたことにより、
ここにきて完全にオリジナリティーを確立した感があります。
このピコピコした感じがダメっていう方もいらっしゃるとは思いますけどね。

というわけで今作も高品質な楽曲が多く、ファンの方及び疾走中毒の方には自信を持っておススメできる次第です。

個人的ツボ度・・・・・91%
個人的ベスト曲・・・・#8 The Warrior Inside
個人的に今作はこれだ!っていう飛び抜けた曲が無いんですけど、久々に聴いたらこの曲がやたらクサくてよかった。
歌メロもそうだけどギターのフレーズもかなりクサめな感じに仕上がってますぜ、旦那。
↓ #8 The Warrior Inside
[ 2012/10/08 15:05 ] CD紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gachiou.blog.fc2.com/tb.php/100-aaa6d766